読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブブンガ村立ヌートリア学園

まとまった文章を置いておくところ(共同)

198巻もありゃそれっぽいのも居るだろうけどそれにしても

生活の中で一番時間を費やしているものは間違いなく仕事なんですが(通勤時間を含む)、精神を費やしていることはまた別にあって、その二つをここに書かないとなると私の中身スッカラカンなんですよね!

ご無沙汰してます、なぎです。

 

こんなに顕著にスッカラカン振りと向き合う羽目になるとは思いませんでした。無趣味なんだよな〜。私も実家にある未開封ガンプラ持ってこようかなあ。トールギスです。超かっけーからな、トールギス(未開封)!

 

二月にね、マロンと沖縄にいったんです。って話、したっけ。覚えてないけど、まあ行ったんです。どうしても沖縄に行きたかったんじゃなくて、どうしても見たい者どもが沖縄にぞろぞろ集まってるっつーから「しっかたねえな!」って行って来た。ついでに私の親戚にも会って来た。

 

親戚のオッサンなんて下世話の代表みたいなとこあるじゃないですか。

「いわゆる親戚のオッサン」っていう雛形にギッチギチに嵌った上に蓋が閉まらなくなるほどの感じなんです。聞いけば沖縄のその業界じゃエラい人らしいので(しかしどんだけの規模の業界なのかよく知らない)、あんまり余計なこと書いちゃいけないね。高校に上がった私に「彼氏いないのか!その辺で水着買って海いけ!帰ってこなくていいから!」と超乱暴に彼氏(にはならねーだその流れは)を作らせようとしたエピソードとか最低すぎるから絶対に書いちゃいけないよワールド・ワイド・ウェッブにゃ。絶対にいけない。まだ従姉妹は嫁入り前だしね!

で、そのオッサンは旅行が好きなんですが、海外いくときは必ず携帯ウォシュレットを持っていくんですって。ウォシュレットがないと生きて行けないんだって。まあ気持ち良いのは分かる分かる。携帯ウォシュレットなるものが存在するのは知らなかったけど、存在するのも疑ってない。紙では得られぬ安心感があるんだろ。

そんなオッサンが言うことにゃ「もうおじさんのお尻は甘えちゃってるから。おじさんお尻甘やかしてるから」。

ええ〜〜〜〜!そんな言葉こんなところで聞きたくなかった〜〜!マロンに私のおじさんがお尻甘えん坊さんになってるなんて知られたくなかった〜!!っていうか私も別に知りたくはなかった〜!尻だけに〜〜

 

お察しいただけるかとは存じますが一応お断りしておきますと、もちろん最後の一言のためにここまでダラダラ書き連ねました。

 

 

あと沖縄旅行で泊まったホテル、どの方向の努力か分からないんだけど夜になるとロビーに占いブースが出てたんですよ。

占いには詳しくないのでよく分からないんですが、エレベーターで一緒になった女性2人組の片方がとってもとっても興味があったようで、どこそこ式のなんちゃらかんちゃら、って片方にむけて喋ってたんですよ。黒魔術がどうのこうのとか。だけど聞いてる方は興味がないらしく、生返事なんです。大丈夫よ、私もマロンもその話めっちゃ聞いてるから! さあ続けて続けて!ってなもんよ。他人の熱弁結構好き。

どうしても相手の興味を引きたいのか、終いにゃ「寮で同じ部屋にはなったことないんだけど、霊感が強い人がいて!」って話になってた。

「その子、眠ったら全然起きなくて、何日もこんこんと寝てるときとかあって、不思議なんだけど!」

ああ〜そういう人、こち亀にいたね

「え?ああ、うん(?)」

日暮熟睡男のことか!!!!!!!!

互いの話に興味がないにもほどがあんだろ!!!!!!

二人がエレベーター下りていくまで口の内側を噛んで必死に堪えた。すごい。

あの二人、何で一緒に沖縄くんだりまで来たんだよーーー!!!!